宝当神社カテゴリの記事一覧

宝くじが当たる神社

宝当神社

佐賀県唐津市にある
宝くじが当たる神社として
今では有名になりましたね

せっかく買ったこの宝当袋が・・・takarafuku.jpg
どこかへいってしまいました(;_q)うぅ・・・


でもはじめは村おこしで過疎の村を盛り上げようと
頑張ったのが始まりでした。

平成4年12月10日。今まで報道と無縁だった高島が
島おこしの一環として報道陣を呼んで記事に書いていただいた。
記者は何か珍しいもの、記事になりそうなものがないかと探したけど
これといった産業の無い高島では釣り位だった。
しかし、釣りだけでは記事にならない。

そこで釣り客が昔話していた
宝当神社

の話を書いてもらった。

宝くじが当たる神社。島おこしとしては上々だった。
一人の島民、野崎隆文がその記事を読み返した。
『今まで、考えもしてなかったけど読んで字のごとく』宝当だった。
その時、隆文の中にイメージが降って沸いてきた。
袋を作ろう。宝当の袋を作ろう。

平成5年12月1日とうとう発売となった。
しかし、一向に売れなかった。

宝当袋に没頭している息子隆文を見た父は
15年ぶりに宝くじを買ってみようと思った。
『自分が買って当たれば息子も認めてもらえる』一心だった。

隆文の父は唐津の牟田タバコ屋の宝くじ売り場で50枚購入した。

それを自宅のテレビの上に息子が分かるように雑然と置いていた。
息子はその行為が痛いほど嬉しかった。
そんな父がなんと1等100万円が当選した。
島中が歓喜した。宝当袋は売れ始めていった。

奇跡は立て続けに起こった。
袋を製作していたおばあちゃん2人も正月に買った宝くじが当たった。
2人とも宝当袋の制作に携わっていた島民で
宝くじを生まれて80年間購買したことが無かった。
これらの出来事が、記事となり参拝客が明らかに増えた。

今では公衆トイレもでき参拝者もふえて
人が人を呼び、この頃宝当神社のお礼参りで1000万円の大台が出た。
みんなが参拝することを確信していった。
当選者が当選者を呼ぶいい循環に入っていった。

そして、みんなの夢、平成13年度年末ジャンボ宝くじ。
とうとう、1億5000万の1等を当てた参拝客が出たのであった。
お礼参りの札にみんな釘付けとなった。
ご利益はすさまじい勢いで発展していった。

ダーツの旅の番組でスタッフが
佐賀で宝くじ100円券×10枚を購入。
宝当袋の中に宝くじを入れて、それを東京に持ち帰る。
佐賀から、わざわざ新聞を取り寄せて番組ないで検証。

なんとその内の1枚が10000円が当たったのである。
『やらせ』でないこの行為に番組が終わったとたん宝当袋に注文が殺到し
在庫が空になる盛況ぶり。

電話はなりっぱなし、ファックスの紙は出っ放し、
はがきは1日500枚、メール1日1500件やってきた。
隆文ほかスタッフは連日パニックになっていた。
客を対応する限界点を超えていた。

しかし、このテレビのおかげで宝当神社の名は全国に広まった。
とうとうこの年、ロト6のキャリーオーバーで4億円のお礼参りがやってきた。

宝当袋の2番3番煎じで色々とグッズがでてますが
ほぼ品切れ状態です。

上の画像の私の宝当袋
どこかへ行方不明になってしまいました...orz
これぢゃ当たりませんよね・・・

でもまだ


宝当神社

の招き猫があります。

takara.jpg

この宝当神社の招き猫の下と
赤ちゃんのベビーベッドの下に宝くじを供えてます。
さてどちらがご利益あるか((o(^-^)o))ワクワク

金運アップパワーストーンブレス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。